”アーサナ(ポーズ)”Kamala

 

こんにちは! ハタシバナンダヨガ・シバナンダヨガ・初めてのヨガなどのクラス担当の Kamala  Kimiko です。

 

いつも”今月のブログ”を首を長〜くして待っておられるみなさま!

 

遅くなってしまってごめんなさい!

 

タイ・チェンマイリトリートから帰ってまいりましたー

 

今回のリトリートは少人数でして ゆったり、ぎゅっと濃い〜く そしてほんとうに楽しいリトリートでした!

 

ご参加くださったみなさま、はるばるチェンマイまでありがとうございました

 

 

今回のリトリートは哲学リトリートということでいつもの倍座学がみっちりでした

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さてさてブログの本題”アーサナ(ポーズ)”

ひとつのアーサナのなかに「静と動」がある

それは 「陰と陽」であり

 

「緊張と弛緩」でもある

 そのちょうどバランスのとれているところ

そこには活動的な休息点 シャンティ(平穏)がある

そして日々の生活も同じで

極と極のちょうどまんなからへん

中道に平穏が宿る

ヨガの目的はいつもどんな時も心が平穏であること

つい極端な方へ走りがちだけれども

いつもバランスのとれたところへ もどってこれる強さ

しなやかさ

極端になっているなーと気づくこと

その練習が ヨガのアーサナ

たとえば前屈

伸ばしている足の裏側は心地よく伸び

反対に背中側は緊張を手放し重力とともに沈む

 

このバランスが絶妙にとれていたら深い深いリラックスが訪れる

静と動・リラックス

アーサナを通して 経験することによって

日常が少しづつ変化して

 

輝きだす

やっぱ ヨーガっておもしろい!!!